2016年03月08日

ナッ!おじさん

ファミレスで独りランチをしていた時のこと。

隣に5、60代のオッサンと、
会社の同僚らしき40代の中国人男性が座っていました。

中国人男性はランチを食べていて、
オッサンの方は、その男性に向かって、
仕事絡みの話を喋り続けていました。

内容はどうでもいいんです。
でもものすご〜く気になったのが、そのオッサンの口癖。

会話の最後に必ず、
「ナッ!」
って付けるんです

「相手が電話でそう言ってたもんな。ナッ!」
「オレはそのままでいいと思ってるんだ。ナッ!」
「この前、社長にそうやって話したんだよ。ナッ!」


イモ欽トリオのフツオか、オマエは(古)

自分の話している内容が正しいということを、
相手に押し付けている感じがして、すごくイヤ

全部の会話の最後に句読点の如く、
きっちり付けられる「ナッ!」(笑)

そのうち、オッサンの話を聞き続けていた中国人男性が、
「私もそう思います。ナッ!」
ってオッサンの口癖が正しい日本語だと思っちゃったのか、
「ナッ!」を付けるようになっちゃってるじゃないの(笑)

ホントにもう、
変な日本語覚えさせてるんじゃないよ。ナッ!(笑)
posted by hiroko at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「私もそう思います。ナッ!」
で思わず吹き出しちゃった!!!!!!ナッ!
Posted by tamaen at 2016年03月17日 00:04
>tamaenさん

「ナッ!」、小さな範囲で流行ったなぁ(笑)
ナッ!ナッ!(爆)
Posted by hiroko at 2016年05月20日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック